睡眠姿勢と悩みは関係しているのか

悩みがある眠りは朝起きてもダルダル感が残る

睡眠の悩みも人それぞれで変わってきます。結構な悩みも若い世代から高齢の世代までもかなり広くなっております。誰でも1つくらいはあるかもしれません。そんな悩みにはどんなことがあるのでしょうか。

やはりよくある悩みは、起きても体がダルい、疲れがとれないなんてことがあります。せっかく睡眠をとっても、朝起きたらダルいのは辛いものです。また、そのままもう少し詳しく眠ることができれば、まだいいのですが、大抵は起きなければならずになかなかしばらくは体を動かすのもきついでしょう。

また、起きたもスッキリとしない、寝不足を感じることもあります。普通は6時間以上眠っていれば、それなりに時間もとっていることになるはずです。それでと目覚めがスッキリしないのは、やはり睡眠の取り方に問題があるかもしれません。

あと起きたら頭がいたい、体がいたいなんてことありませんか。これは旅行先など普段とちがう環境で眠ったときに起こりやすい悩みでしょう。枕が変わると眠れないなんて人も少なくないのかもしれません。

睡眠姿勢と悩みは眠りが浅くなりがち

こうした悩みと睡眠は関係していますが気にしてほしいのは、睡眠をとるときの姿勢です。

あなたは睡眠をとるとき、どんな姿勢で寝ていますか。横向き、うつ伏せ、仰向け、いろいろとあります。また枕などの寝具も様々あって、それによっても姿勢は変わってくることもあります。

実はこの睡眠姿勢によって、睡眠の質は変わってきます。たとえば、眠りが浅くなりがちになったり、体へ負担をかけることもあります。またいびきや睡眠時無呼吸症候群を引き起こしやすくなるなど、体への影響もかなり変わってきます。

他にも慣れていない姿勢をとって寝ようとすると、寝付けなかったり、浅くなったり、また夜中に目を覚ましやすくなることもあります。

睡眠時の姿勢はあまり意識せずに、子どもの頃からとっている姿勢をとりつづけていることが一般的です。その姿勢も、実はいろいろとメリットデメリットとあります。そのデメリットが悩みへと繋がることがあるのです。

もしも、悩みがあるのでしたら、睡眠の姿勢についても、ちょっとでも知識を深めると解決へときっと向かうでしょう。