横向きで眠ると食べ物の消化や呼吸がしやすくなる

横向きで眠るときのやり方とは

横向きで、眠る方が向いている人も実はいるのです。というのも、骨盤の歪みや腰の痛みがあるなど、体への負担もある人だと、仰向けに眠るよりも横向けに眠る方が楽と言う声もたくさんあります。

また、眠る姿勢もこうした方がいいというものもあります。

まずは、眠るときには、右側を下にします。というのも肝臓の位置が大切で、肝臓を下にすることで、心臓が上になって体への負担も少なかったり、また楽であるというのがあります。

また上の足は、重ならないように前に出したほうが下の足を圧迫することもなくて、楽です。あとは真横よりもうつ伏せ気味に顔の向きを変えて、圧迫しないようにしましょう。

横で眠るときのメリットやデメリットとは

その横向きの姿勢でのメリットとして、先にもあるように心臓への負担を下げられます。また、食べ物の消化をしやすくなります。また呼吸についても、舌の位置が下がりにくくなるので呼吸しやすくなります。

呼吸系の病気がある人だと、仰向けの方よりも横向きのほうが向いていると言えるでしょう。あと、呼吸に絡むものとして、睡眠時無呼吸症候群の人やいびきをかく人も横向きのほうが呼吸しやすくなり、いびきもかきにくくなる傾向もあります。

こういったメリットがある一方で、デメリットがあります。
まず横向きに眠ると、楽なのですが骨盤が歪みやすくなります。横向きでさらに体を曲げて眠ると、なおさらです。さらに長年眠ることで血液やリンパの流れも悪くなることもあり、むくみがでやすくなってり、新陳代謝が衰えやすくなることもあります。

あと、肩を圧迫したりすることから、首も片側だけに体重もかかってしまい、肩こりや首こりを起こしやすくなります。
また、年齢を重ねていくとシワやたるみも顔にでてきますが、横向きに眠り続けていくと、余計にしわやたるみもできやすくなるなんて声があります。

一概に睡眠姿勢とも言い切れませんが、万が一を考えると仰向けで眠ることも取り入れるのも、実はスキンケアにつながったりするかもしれません。

横向きの姿勢で眠るメリット、デメリットを見てきました。デメリットを見つめながら、メリットを取り入れていけば、普段の生活もより快適に暮らせるようにもなっていくでしょう。