枕ありとなしで睡眠姿勢も変わってくる

枕ありで眠ると快眠へと導いてくれる

枕が必要でと言う人が大半でしょう。枕を使って寝た場合には、なしの場合と比べると眠りやすい、また疲れがとれやすいと言う声も多いです。実際には枕なしで眠る、疲れがとれないなんて声も多かったです。ぐっすり眠るためには枕があった方がいいとも言えそうです。

また、枕なしなど、自然に口が開きやすくなり、より口呼吸になってしまいます。すると、ほこりをすいとりやすくなったり、乾燥や喉をいためやすくなったりします。

ちなみに枕も自分の体にあったものを使わないといけません。体のラインも個人差もありそれに枕の高さがあっていないと、肩や首にも負担もかかったり、肩こりなどのこりを発症させやすくなります。

ですので、枕の高さに気を付けておけば、枕ありも快眠につながりやすいかもしれません。

枕なしで眠ると頭痛が起こりにくくなる

枕なしで眠る場合にも、種類があります。本当に枕を使わずに何もしかずに眠る場合と、タオルなどを敷く場合があります。どちらにしても高さはありません。

枕なしで眠ることが注目されている理由として、首のシワがつきにくくなるからとも言われています。年齢を重ねてから首のシワも目立ってくるものです。女性だと余計に気になりますから若い頃から防止にと枕なしも増えてきています。

また枕によって引き起こされる肩こりも、枕なしだとこりにくくなります。肩こりがひどいときには、枕を使わないのも試してみるといいでしょう。
あと、枕を使って長い時間眠ると頭痛も起こしやすくなります。

しかし、枕を使わないほうが、頭痛も起こりにくいので頭痛持ちの人は、枕なしも良さそうです。

枕なしの場合には、仰向けでも横向きでもうつ伏せでもどれでもしやすいです。睡眠姿勢はとりやすくなりますが、眠りが浅くなる傾向があります。これも心臓や頭の位置が関係しているようです。

枕のありなしにより、メリットやデメリットも変わってきます。ずっと同じで続けるのもいいのですが、時々枕のあり、なしを変えてみるのもいいでしょう。それぞれのメリットを受けれれば睡眠の質も高められるでしょう。

そのときには、睡眠姿勢を意識しましょう。それぞれにメリットデメリットがあるので、自分の状態に合わせて使い分けましょう。