うつ伏せで寝るのがお好きな方へ

うつ伏せで眠るメリットとは

うつ伏せもの姿勢にも、いろいろなメリットもあります。まず、眠りにつきやすい、また眠りも深くなりやすいと言う質に関するメリットがあります。というのも、舌の位置が仰向けだと下にさがりやすくなり、それにより気道が塞がれるので呼吸もしにくくなります。そうなると、無呼吸症候群となる可能性も下がります。

すると、その結果、睡眠もとりやすくなるとも言えるでしょう。さらに呼吸系の病気がある人でも気道が確保されるので、やはり呼吸しやすくなって眠りにつきやすいとも言えるでしょう。

あと、仰向けの逆に眠るのですから、横向きに比べると、体の一部にだけ負担がかかるわけではありませんから、だいぶ楽になるとも言えます。横向きのように肩こりは、しにくくなると言えそうです。

また逆に眠ることで腰への負担も下がるから、腰痛は仰向けと比べれば、腰痛もしにくくなるとも言えます。
このようにメリットがあれば、試してみる価値もあると言えるでしょう。
また、試すとしてはいびきをかくという人はどうでしょうか。うつ伏せに、なるといびきは、かきにくくなると言えるので、試してみるといいでしょう。

うつ伏せで眠るデメリットとは

そんなうつ伏せの睡眠姿勢で、メリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
まず、うつ伏せになると胸やお腹をベッドや布団につけることになります。すると、それだけ心臓や内蔵にも負担をかけてしまいます。すると、人によっては寝にくくなることもあります。それも体型にもよります。

ケースバイケースとも言えるでしょう。
あと、眠るときには首を横向きにしなければなりません。その場合、ずっとその睡眠姿勢のままで、眠っていたらそれだけ首こりになってしまうこともあります。それがそのまま体への負担が広まることもあり、肩こりをしてしまうこともあります。また寝返りを打ちにくくなるので、疲れがとれにくくなることもあります。

うつ伏せになってみることも、特別に悪いわけではありません。でも、メリットもあれば、デメリットもあるのですから、それを知って上手につきあわないといけないでしょう。